ブログパーツ

趣味の工房

HDD(ハードディスクについて)

hdd.jpg

【HDDについて】

HDD(Hard Disk Drive)は、データを保存する記憶装置です。
この箱の中には、回転する円盤が複数枚入っていて、磁気ヘッドと呼ばれる部分が目的のデータが保存してある場所まで動き、データを読み出します。
hdd01.jpg

この磁気ヘッドとの間は、ディスクからほんのわずかな隙間しかありません(タバコの煙の粒子よりも小さい)ので、HDDは衝撃や振動に弱く、特に読み書きしている最中(磁気ヘッドがディスク上にあるとき)に強い衝撃を与えると、その衝撃でディスクと磁気ヘッドが接触、ディスクに傷をつけてしまい、最悪データが読み出せなくなってしまいます。
また、動作部分がありますので、どうしても故障・磨耗は避けられません。完全ではないので、データはなるべく他にもバックアップしておきましょう。

HDDも、容量や性能別に様々なものがあります。
まずは大きさ。3.5インチの製品と2.5インチの製品があります。一般的には2.5インチはノートパソコン用として販売されていますが、デスクトップパソコンでも使えないことはありません。
ただ、性能・容量的に2.5インチより3.5インチのHDDのほうが優れているので、あえて2.5インチを使う必要もないでしょう。(あまっていれば別ですが…)

・容量
容量はGB(Gigabyte)という単位で表され、数字が多いほど多くのデータを保存することができます。2時間の映画でだいたい6~7GBですので、200GBのHDDには約30本分の映画が記録できることになります。
また最近では大容量化が進み、TB(TeraByte)のHDDも登場しています。1TBは1024GBですので、1TBのHDDには約150本分の映画が記録できるようになります。
容量が大きいことはいいことですが、その分壊れたりしたときのダメージも大きくなります(汗)
大切なデータは他のHDDやDVDなどにバックアップしておきましょう。


・速さ
HDDのスピードには、まずディスク自体の回転数が上げられます。ディスクの回転が速いほど、書き込みや読み込みのスピードが速い、と考えていいでしょう。
回転数は「rpm」(rotation per minute)の略で、1分間に何回転するかを表します。
「7200rpm」と書かれていれば、1分間に7200回転する、ということです。
ただ、回転が速ければそれだけ消費電力も大きくなり、動作音も大きくなる、という傾向にあります。

またもう1つ記録密度というものも読み書きのスピードに影響してきます。早い話、ディスク1枚当たりの容量です。回転数は同じであっても、1枚の記録密度が高いほうが、1回転で多くのデータが読み出せますので、読み書きが高速になります。
2009y11m13d_173451468.jpg
※左が記録密度の高いもの、右が低いもの。(実際には見てもわかりませんよwww)

また、同じように2.5インチHDDは3.5インチHDDにくらべ、1回転で読み出せるデータの量が少ない(外周が短い)ため、同じ回転数でも読み書きの速度は3.5インチよりも遅くなってしまいます。

HDDの速さはそのままデータの書き込み・読み込みの早さとなりますが、それが早いと何がいいのか?ってことですが、例えば、デジカメ画像を取り込むときなど、書き込みが遅いと写真をPCに取り込むのに何分も待たされたりします。
また、OSや各プログラムもHDDに保存されていますので、「読み込みが早い=起動が早い」ということになります。


・接続方式

HDDにはその接続方式により、IDEタイプとSATA(SerialATA)タイプがあります。
IDEタイプは、1世代前の接続方式で、HDD側の複数のピンと、マザーボード側の複数のピンをパラレルケーブルという帯のようなケーブルでつなぎます。

IDE HDD
ide-HDD.jpg

マザーボード側(左下赤枠内)
h2igh_ga-ex58-ud5.jpg

IDEタイプのHDDは、その転送速度に限界があることから、現在ではほとんどがSATAタイプのものに変更されています。
これからPCを組む場合に、あえてIDE接続のHDDを選ぶメリットはないでしょう。

SATA HDD (Serial ATA HDD)
006.jpg

現在の主流、SATA接続方式のHDDの接続部分です。無数のピンが並んでいたところが、L字型の端子に変更になっています。
電源の端子も4ピンのものから平型の端子に変わっていますが、右側に4ピン端子も残っていますので、電源はどちらに挿しても構いません。(片方だけでOK)
また、ケーブル自体も、パラレルケーブルよりもスマートになっていますので、取り回しがラクになっただけでなく、転送速度も大きく向上しています。

IDEケーブル
mkpc10-1.jpg

SATAケーブル
TK-SATA-05_MA.jpg

このケーブルを使って、マザーボードのSATAポート(マザーボードについて。参照)に接続するだけでOKです。
大抵のマザーボードには付属でこのケーブルもついてきますので、あえて準備する必要もないでしょう。

ちなみに…みなさんもPCを使用しているうちに、
「なーんか遅くなった…」
って言うのを感じたことがあると思いますが、これはHDDの断片化に原因があります。
断片化とは、データがHDDに飛び飛びに記録されてしまうことなんですが、これは使い続けることによって起きます。

例えば本棚から3巻セットの本を処分(消去)したとします。そこに5巻セットの本を買ってきた場合、普通は5巻セットで入るスペースをつくるか、セットで入る場所にいれますよね!?
しかしHDDの場合、3巻セットの本が入っていたスペースに5巻セットのうち3冊だけを先にいれ、残りの2冊をまた別の場所に入れます。( ̄▽ ̄;)
そんなこと繰り返していれば、当然続きの本を探すのに時間がかかるようになりますよね!?
コレが原因です。
解消するには、デフラグっていう作業をして、この断片化を解消(きちんと並び替える)する作業をしてあげることが大事です。

参考記事はコチラ↓
Windows高速化①~いらないファイルの掃除~
Windows高速化②~デフラグ~


【追記】
最近は、HDDに変わる記憶装置として、SSDという記憶装置が注目されています。
HDDの弱点であった衝撃の弱さ、発熱・消費電力の多さを押さえ、読み込みスピードはHDDをはるかに上回る性能を持っています。
気になる方はコチラの記事へ→ SSD導入♪

関連記事


    17:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment









(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://rikuntyudady.blog101.fc2.com/tb.php/39-f30acf94
プロフィール

りくんちゅ。パパ

Author:りくんちゅ。パパ
初歩的な話からオーバークロックまで、PCに関することやその他趣味に関することを思い付きで書いています。
コメントはお気軽にどぞ。

「rikuntyudady」の名前で出没することもあります(笑)

rikuntyudady01.jpg

このサイトはFirefox,Google Chrome用に最適化されています。
IEでは一部表示が正しく行われない場合があります。
ご了承ください。


アクセスカウンター
signbot_20101017072856.gif
現在の閲覧者数:

galleryロゴ02
cmcrogo2.png
RikuntyudadyのCM690をUP!!
☆ただ今34台展示中☆



みんなのPC♪ギャラリーはコチラ。

Page 1 Page 2


Categories...

クリックで全て開閉↓

openclose


○自作をしてみたい方へ
○オーバークロックについて

「+」はフォルダクリックでOPEN

全ての記事を表示する


見つからない場合はコチラ
(記事内検索)

最新記事
最新コメント
☆MY GEAR☆
カスタマイズ工程はコチラ
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
ATCS840
COSMOS II
CORE1500
MasterCase5Mod

<製作依頼PC>
画像
Overclock.net work log
MNPCTECH"Case Mod Blog"
画像
画像
【CORSAIR Vengeance® C70】
HAF X MOD

<コラボ企画> 画像
SNIPER
☆おもな活動サイト☆

Cooler Master Forum
CoolerMaster

techPoweUp! Case Mod Gallary-
techPowerUp!

Overclock.net
   -Case Mod Work Logs-
Overclock.net

Case Modding Forum
Case Modding Forum

こだわりの持ち物を登録しよう♪
2010y05m05d_221238218.jpg

Web page translation
THIS IS MY GEAR
2016y03m23d_233159886.png 2016y03m23d_233204419.png
感染者増殖中...
りくんちゅ。パパにメールする







本文:

☆掲示板☆

趣味の工房 ~みんなの休憩室♪~
お気に入りブログ♪
カメラ熱上昇中♪
【Canon】EOS 70D 70D.png ○レンズ
【Canon】
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 【SIGMA】
18-35mm F1.8 DC HSM|Art
APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM


【Canon】G7 X canon_g7x_20150528010550367.png
☆広告☆
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示