fc2ブログ
ブログパーツ

趣味の工房

Core i7…

先日ほぼ1段落したAntec1200ですが…中身が決まりません( ̄∇ ̄;)

いや、ホント難しいですねぇ。
Intelからは倍率ロックフリーのCore i7-875K(2.93GHz、4コア)とCore i5-655Kが出ましたし、AMDからはPhenom6コアで省電力タイプのPhenom II X6 1055Tが…

どちらにせよ、来年2011年にはIntel、AMD双方アーキテクチャの変更が控えていて、性能がグンと上がるのは必至。


う~ん…( ̄∇ ̄;)


今のところ少し655kに傾いてはいるんですが…AMD6コアも面白そうだし。
Intelの6コア、Core i7-980Xはコレを書いている時点での価格.COMの最安値で\96,780…とても手が出ません。

ただ、これからIntelの6コアに、下位モデルのCore i7-970が出るようで…
コチラは980Xの動作周波数3.33GHzから3.17GHzになったもの。980Xに付加されている倍率フリーの特典もありません。
お値段はいろいろ情報がありますが、885$との情報もありますから8万弱くらいでしょうか。
それでも手が出ませんが…( ̄∇ ̄;)
ただ、今後の予定では980Xの下に980(無印)がラインアップされるようで、それにより970の価格がグンと下がることも…


う~ん…( ̄∇ ̄;)


なんか悩んでるうちにSundyBridgeやBulldozerの時代が来てしまいそうですがw


さて、ココからが本題(前ふりながっ!!笑)
その現段階でのIntelの最高のCPU、Core i7-980Xのレビューアーに、いつもコメントいただいている、ひろひさるさんが当選されました~

おめでとうございます!! ・・・…ちょーうらやましい(笑)


そんなひろさんのレビューはコチラからご覧いただけます。

2010y05m05d_221238218.jpg




画像拝借いたしました。これが6コア12スレッドの威力です!!www


wPrime@4400MHz.jpg



4秒切りとは…Σ( ̄Д ̄lll)すごすぎる。
というより、ひろひさるさんの腕も、もちろん影響大ですが。
ボクにはそもそも4410MHzでブン回す腕も度胸もありません( ̄∇ ̄;)

しかしVcore1.363で、4.4GHz駆動、そしてこの時期(気温的に)の割にはCore温度低いですね~。Σ( ̄□ ̄;すご!!
家の920の定格並の温度です(; ̄ー ̄A

しかもまだまだ着弾して間もないですから、今後も伸びる可能性も…
期待しています♪  ( ̄m ̄*)



さて、ボクもひろさんに教わるまで知らなかったんですが、このCPUのコア温度を測るCoreTempというソフト。
以前もオーバークロック検証☆ その1でチラッとご紹介しましたが、バージョンUPしてたようです。
…最近外身(ケース)ばかりいぢっていたので、ぜんぜん知りませんでした(恥)

ダウンロードはコチラから。→ Core Temp

32bit用と63bit用があるので注意です。
使い方はダウンロードしたフォルダを解凍して、起動するだけととても簡単♪

CPUコア温度はこれから暑くなる時期には気になる情報です。
ただ、この温度が絶対ではありませんので、あくまで目安として活用してくださいね。
グリス検証などにはとても便利なソフトですw



ここで表示されている温度はある計算式によって出ているんですが、ちょっと厄介なんでスw
まず、CPU内の温度センサーのDTS(Digital Thermal Sensor)値を読み出しますが、これが単純にCPU温度じゃないのがミソ(爆)
このDTS値というのは、これ以上あがったらCPUヤバイよ!!とIntelが決めている温度(CoreTemp上のTjMax)まで、あと何℃の余裕があるのかを示しています。どうヤバイのかは調べていただけばわかりますが、ある温度を越えると、トランジスタが常に通電状態になり、スイッチがスイッチの役目を果たさなくなってしまうようです。
まぁ、そうなる前に、指定したある温度に達したら、保護機能としてシャットダウンするようになっているみたいなんですが…

問題は、その「ある温度」がハッキリわからないんです(爆)

それがハッキリわかっていれば、その温度からDTS値を引くことで、逆算で現在の温度が計算できるんですが、その上限値がハッキリとわかっていないため、目安にしかならないと言うことです。

例えばDTS値(Tj.Maxに達するまでの温度)が50℃であった場合、
Tj.Maxが100℃であれば、現在の温度は50℃
Tj.Maxが110℃であれば、現在の温度は60℃ …ということに。ε=(´Д`;)

通常は100℃として計算するみたいですが、気になる方は温度センサーで実測するしかありませんね。
ただ、CPUとCPUクーラーの間には挟まないように(笑)




【追記】
CoreTempなどの温度表示が絶対ではない。とは書きましたが、普段使用している環境での温度を把握しておくことはとても重要です。
正確な温度自体はわからなくても、普段の温度を把握しておけば、「いつもより温度があがっている」と言う情報はわかるわけですので、トラブルを未然に防ぐことにつながります。
特にOCされる方に関してはアイドル時・高負荷時などのだいたいの温度データを季節ごと(室温ごと)に知っておくといいかと思います。



では。




ランキングに参加しております。クリックにご協力を♪





    21:42 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

Core i7-980X Extreme Edition

ついに出ましたね…


20090102_598252.jpg
Core i7-980X Extreme Edition BOX



サイズもでかいが…(真ん中)

xe6_c_640x480.jpg
ASCⅡ.jpさんより。



価格もビックリ。!Σ( ̄□ ̄;


2010y04m03d_234116453.jpg
価格比較サイト coneco.net (コネコネット)さんより。




最高、最安で6万以上の価格差って…Σ( ̄Д ̄lll)・・・・
最高値のお店で2個買う金額で、最安値では3個買えて、さらにお釣りが2万以上きます(笑)
ってか、差額でマザボやメモリ、ケースにVGAから電源まで、一通り揃ってしまうのでは!?
ボクはてっきりバンドル(組み合わせ)販売かと思ってました(; ̄ー ̄A


これからさらにレビューがあがってくるでしょうから、楽しみですね~。
当然見るだけですが…(ToT)

読者の方で突撃された方があれば、是非ご一報を。



ランキングにまたーり参加中。クリックにご協力を♪



    23:53 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

今後のCPU

マイクロソフトがIEのパッチを緊急公開、危険な脆弱性を解消
※PC Pnlineさんより。

だそうです。みなさん、大丈夫ですか!?

先日、Core i シリーズについて書きましたが、その後もいろいろ調べてみると、なんだかこれからすごいことになっていくようですね(; ̄ー ̄A
アーキテクチャとか、ロードマップとか、イマイチわかりませんが、それでもなんとなく想像はつきます。
Intelが6コアのGulftownを出したと思ったら、今度はつい先日AMDが8コアまたは12コアを搭載した、サーバー向けCPU「Opteron 6100 Series」を発表しましたね。

gtehidoaealkjhhg.jpg
横長のCPUに違和感を覚えるのはボクだけでしょうか!?www

来年(2011年)の頭にはIntelがメインストリーム向けのCPUを「SandyBridge」アーキテクチャに置き換える様子。
これにより、現LGA1156ソケットのCore i シリーズが、LGA1155ソケットのSandyBridgeに置き換わるとのこと。現LGA1366のCore i シリーズには先日Gulftownが出たばかりなので半年ほどずらすようですが…



チップセットも一新されるため、現行のマザーボードを流用することはできない様子。
素人目には1156から1155ならなんとかなりそうな気がするんだけど…ダメなんですね。( ̄∇ ̄;) 
さらに2012年にはSandyBridgeを22nmプロセスに移行させたIvy Bridgeを投入するところまで決まっているようで…

改良を続けていくIntelに対して、AMDはBulldozerという基本設計を完全に一新した新しい試みのCPUを投入。
これが吉と出るか、凶と出るか…
これからの行方が非常に楽しみですね。

ただ、自作するにはタイミングがとても難しいですが…
とはいえ、交換がCPUだけですむのか、CPU&マザーまでなのかの違いですが。
ただ、これから組むのであれば、大枚はたいて現行のハイエンドマザー&CPUを買うよりも、コストパフォーマンスに優れたものでガマンしておくほうがいいかもしれませんね。(; ̄ー ̄A
まぁいつの時代でもハイエンドがハイエンドでいられるのは限られた期間なんですけどね(爆)


ランキングにまたーり参加中。クリックにご協力を♪



    18:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

Core i シリーズの違い

一体おめぇはいつ仕事してんだ!!って突っ込まれる前に言っておきますwww
予約投稿です。


先日、Core i7 -980Xを記事にしたのですが、あのあと知人から
「Core i…何ちゃらって、いっぱいあってワケわからん!!」
という意見がありました。(; ̄ー ̄A

確かに、ボクもメイン機を組んでからすぐにLGA1156版のCore i7が出てきたり、i5が出たりi3が出たり…
すぐにまた組むつもりもなかったのですし、下手に知識を仕入れて欲しくなってしまうのもアレなので(笑)、あまり見ないようにしていたんですが…
よくよく調べると、確かにわかりづらいですね。

とりあえず、一覧を作ってみました。※画像クリックで拡大。

b2010y03m19d_204625531.jpg


!Σ( ̄□ ̄;…なんぢゃこりや!?

どうあがいても見やすい表にはできません。(爆)
この表ではデスクトップ用しか載せていませんが、実際にはさらにノート用の Core i シリーズもあり、かなり難解です( ̄∇ ̄;)
まぁいろんなCPUがあってこそ、自分の目的にあったPCを組めるわけですが…。

とりあえず説明を。
【Core i7-9xxシリーズ】
このCPUに関しては、CPUソケットがLGA1366というものを使用しています。1366という数字のはそのままマザーボードとの接点を表していて、i7-9xxシリーズ以外のCPU(LGA1156)とは互換性がありません。(大きさが違う)
つまり、「i7-9xxシリーズCPU+マザーボード」を購入、PCを組んだ場合、載せかえれるCPUは同じi7-9xxシリーズのみとなってしまいます。
また、メモリもトリプルチャンネルメモリとなっており、3本セットで使うことが基本なので、性能は申し分ないですが、コストパフォーマンスという点では決してよくはないですね
(; ̄ー ̄A


point6_3_image.jpg
※イメージです。実物対比ではありません。




【Core i7-8xxシリーズ】
このシリーズは上記CPU形状がLGA1156を使用していますので、Core i5やCore i3とも互換性があります。
つまり、同じマザーボードで使用でき、かつ、メモリもデュアルチャンネルとなっており、2本組でよいのでコストパフォーマンスに優れています。
その分性能が犠牲になっているかといえばそれほどでもなく、Intel Turbo Boost機能(自動的に動作周波数を上げる機能、以下、TB)に磨きがかかっていて、i7-9xxシリーズの「最高2段階UP」から「最高5段階」にまでUPするようになっています。


【Core i5-7xxシリーズ】
とりあえずシリーズと呼んでいいのかどうかは別として…(; ̄ー ̄A
Core iシリーズの中で唯一、ハイパースレッティング(以下、HT)機能を搭載していないCPUです。(その他の仕様は8xxシリーズとほぼ同じ。)

HTとは、1つのプロセッサをあたかも2つのプロセッサであるかのように見せかける技術で、1つのコアで2つの処理を行うことができるようになります。擬似コアという考え方でもいいと思いますが…。
これにより、他のシリーズのCPUはコア数×2の処理が同時に行えるのですが、このシリーズに関してはコア数分(4つ)しか同時処理は行えません。
(i7は9xxシリーズ、8xxシリーズ共に4コア+HTなので8スレッドの同時処理)

Core i5-6xxシリーズは2コア+HTを搭載しているので、こちらも4スレッドの同時処理ができます。ここら辺がビミョーですね。(; ̄ー ̄A
4コアを実装した7xxシリーズをとるか、2コア+仮想2コアで、動作周波数の高い6xxシリーズをとるか…悩ましい問題ですね。


【Core i5-6xxシリーズ】
上記のように、このシリーズ以下はコア数が2つとなっています。ただし、HTを搭載しているので4スレッドを同時に処理できます。
また動作周波数が全体的に高めに設定されているので、コア数よりも動作周波数がモノをいうマルチソフトに非対応のソフトでは上位CPUにも引ひけをとらない威力を発揮できるでしょうね。
というより、もともと高い周波数であることと、i7-8xx、i5-7xxシリーズ同様にTBのステップがi7-9xxシリーズよりもUPしたことにより、場合によってはi7-9xxシリーズすらしのぐ性能を見せるときもあるかもしれません。
core-i5の661と660は動作周波数も同じ。どこが違うんだ!!と思われたかもしれませんが、CPUに内蔵されたグラフィック処理の性能に差がついています(661のほうがGPU性能が上)
わかりにくっ!!www


【Core i3-5xxシリーズ】
コチラはi5-6xxシリーズからTB機能を除いたCPUになります。
とはいえ、元の周波数もi3-540で3GHz越えと決して低くはないですし、HTも搭載しているので、普段使いで困ることはまずないでしょう。



以下、まとめ。
※i7-8xxを基準に独断と偏見で超大雑把に説明させてもらうと…

○i7-8xxを1回り大きくし、トリプルメモリー対応のものがi7-9xx
○i7-8xxからHT機能をなくしたものがi5-7xx (4コア実装)
○i7-8xxからコアを2つ減らしたのがi5-6xx (2コア+仮想2コア。ただしクロックは高い)
○i708xxからコアを2つ減らし、さらにTB機能をなくしたものがi3-5xx


こんな感じでしょうか!?
CPU選びは自作の要。性能に直結する部分ですから、悩ましいですね(; ̄ー ̄A



では。


何気にランキング参加しております。クリックにご協力を♪


いつもありがとうございますm(_ _)m




!Σ( ̄□ ̄;…箱も同じでわけわからん。





    12:00 | Trackback : 0 | Comment : 9 | Top

Core i7-980X

いよいよチラホラとベンチの結果なども出てきましたね。以前から出ていたのかもしれませんが(; ̄ー ̄A

○PC Watch -6コアCPUがいよいよPCへ「Core i7-980X」-
○PC Online -速い! 6コアCPUのCore i7-980Xをテスト-

Core i7-980XはLGA1366対応CPUなので、現在Core i7-9xxシリーズを使用されている方なら、対応したBIOSにアップデートすることで動作させることが可能です。
つまり、マザーボードその他は一切交換する必要はなく、CPUの交換だけで動作させることができるんです。
…ボクには到底手がでませんが。(; ̄ー ̄A

付属のCPUクーラーは従来のトップフロー型から、サイドフロー型に変更になったようで…。
昨年の9月(だったかな!?)にサイドフローのオーバークロック用!?CPUクーラーを実演しましたね。
確か市販化の予定はないということでガッカリした記憶があったのですが…。
今回付属するCPUクーラーはそれがモデルなんでしょうか!?

CPUクーラーだけでも、手に入れてみたいものです。( ̄∇ ̄;)
そのうちオクで出てくるかな!?…でも高値になりそうな予感。





何気にランキング参加しております。クリックにご協力を♪




    19:01 | Trackback : 0 | Comment : 7 | Top
プロフィール

りくんちゅ。パパ

Author:りくんちゅ。パパ
初歩的な話からオーバークロックまで、PCに関することやその他趣味に関することを思い付きで書いています。
コメントはお気軽にどぞ。

「rikuntyudady」の名前で出没することもあります(笑)

rikuntyudady01.jpg

このサイトはFirefox,Google Chrome用に最適化されています。
IEでは一部表示が正しく行われない場合があります。
ご了承ください。


アクセスカウンター
signbot_20101017072856.gif
現在の閲覧者数:

galleryロゴ02
cmcrogo2.png
RikuntyudadyのCM690をUP!!
☆ただ今34台展示中☆



みんなのPC♪ギャラリーはコチラ。

Page 1 Page 2


Categories...

クリックで全て開閉↓

openclose


○自作をしてみたい方へ
○オーバークロックについて

「+」はフォルダクリックでOPEN

全ての記事を表示する


見つからない場合はコチラ
(記事内検索)

最新記事
最新コメント
☆MY GEAR☆
カスタマイズ工程はコチラ
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
ATCS840
COSMOS II
CORE1500
MasterCase5Mod

<製作依頼PC>
画像
Overclock.net work log
MNPCTECH"Case Mod Blog"
画像
画像
【CORSAIR Vengeance® C70】
HAF X MOD

<コラボ企画> 画像
SNIPER
☆おもな活動サイト☆

Cooler Master Forum
CoolerMaster

techPoweUp! Case Mod Gallary-
techPowerUp!

Overclock.net
   -Case Mod Work Logs-
Overclock.net

こだわりの持ち物を登録しよう♪
2010y05m05d_221238218.jpg

THIS IS MY GEAR
2016y03m23d_233159886.png 2016y03m23d_233204419.png
りくんちゅ。パパにメールする







本文:

☆掲示板☆

趣味の工房 ~みんなの休憩室♪~
カメラ熱上昇中♪
【Canon】EOS 70D 70D.png ○レンズ
【Canon】
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 【SIGMA】
18-35mm F1.8 DC HSM|Art
APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM


【Canon】G7 X canon_g7x_20150528010550367.png
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示